【JR蒲田駅発】京急蒲田駅まで歩いてみた、そして羽田空港国内線ターミナルへの最安ルートを試す

京急蒲田駅入口東京都
スポンサーリンク

JR蒲田駅と京急蒲田駅は微妙に離れていて位置関係がよくわからない。羽田空港の前後泊をする場合、JR蒲田駅周辺の方が賑やかで安いホテルも集まっているように思うのですが、羽田空港へ向かうのであればJR蒲田駅からバスで行くよりも京急線を使った方が安くて速い。もしかしてJRから京急蒲田駅への移動って思ったよりも楽なのではと思い、実際に歩いて確認してきました。また、JR蒲田駅から最安で羽田空港国内線ターミナル(T1、T2)へ行く方法も試してみました。

スポンサーリンク

羽田空港までのアクセス比較

JR蒲田駅から羽田空港(国内線)

JR蒲田駅東口駅前より、京急バス 蒲95系統(シャトルバス)羽田空港行 約30分

料金:280円(現金、ICとも)

京急蒲田駅から羽田空港(国内線)

京急蒲田駅から京急羽田第1・第2ターミナル駅 約10分 

運賃:250円(IC運賃:249円)

京急だったら乗車時間10分で着くことと、5分間隔で列車が来るので便利。JR蒲田駅から空港へのシャトルバスは1時間に2~3本です。

JR蒲田駅から京急蒲田駅まで歩いてみた

京急蒲田駅に行くにはJR蒲田駅の東口を出ます。800mなので、まあたいした距離じゃないなと思いつつ出発。

蒲田駅東口

東口は大田区役所のある方。ドンキが見えたら間違い、そちらは西口。

蒲田東口駅前

横断歩道を渡ります。

蒲田駅前のモヤイ像

横断歩道を渡る途中の島にいるのが、都内にいるモヤイ三兄弟のうちの次男。全員、伊豆諸島の新島から贈られたもので「モヤイ合う力」(共同して仕事に当ることを新島ではモヤイと言うらしい)を伝えに本土にやってきました。

有名なのは長男の渋谷モヤイ像ですね。お台場に末っ子がいるらしいので合いに行かねば。(いや、もっといるらしいのでそれは後日まとめます)

ぽぷらーど入口

横断歩道を渡った正面に「京急蒲田駅近道」と書いて商店街の小道に誘導する看板が立ってるんですが、今回はわかりやすいように大きな通りを進みます。

横断歩道を渡って左を向くと、バス停が並ぶ大きな通りが見えます。すぐにぽぷらーど蒲田商店街があるので、商店街の屋根付き歩道に沿って進みます。

ぽぷらーどのアーケード下

この下をずっとまっすぐ。

しばらく進むと道なりにカーブしますが、そのまま屋根付き歩道に沿って進みます。

まだちょっとしか歩いてないけど1/3は来たみたい。

こんな感じで案内板や地図があるので迷いようがないです。

左手側にブックオフを見ながら進みます。

ここでぽぷらーど蒲田商店街の屋根付き歩道が終わります。

またここで案内板が。あと290m。

あすと蒲田商店街入口

屋根付き歩道が途切れた交差点で少し左に目をやると「京急あすと蒲田」というアーケード商店街が現れるので、この中を進みます。

あすと蒲田商店街のアーケード下

活気ある商店街の中を抜けて行きます。

あすと蒲田商店街の出口

京急あすと蒲田のアーケード街の終わりに「直ぐそこ 京急蒲田駅」と出ています。

京急蒲田駅入口のエスカレーター

アーケード街を抜けると目の前に京急蒲田駅へ続くエスカレーターが見えます。

京急蒲田駅入口

京急蒲田駅に着きました。ゆっくり歩いて10分くらい。

交差点以外は屋根が付いているので雨の日でもあまり濡れずに済みますね。荷物がそんなにない人であれば問題なさそう。

※後日、雨の日に歩いてみましたが、ぽぷらーど商店街の屋根は所々三角に切り取ってあるので結構濡れました。傘は必要。

京急蒲田駅の時刻表

この本数の多さ、頼りになる。

最安で羽田空港国内線Tまで行くには

京急蒲田駅の料金表

羽田空港の国内線はターミナル1、2にあるので、京急蒲田駅からだと終点の「羽田空港第1・第2ターミナル駅」まで行くことになります。それだと250円。

ですがひとつ手前の「羽田空港第3ターミナル駅」(国際線)で降りると210円なります。第3ターミナルから空港ターミナル間を走る無料連絡バスに乗車して第1・第2ターミナルに行くと少し節約になるのでは。

■京急蒲田駅→羽田空港第1・第2ターミナル駅 250円(IC運賃:249円)

■京急蒲田駅→羽田空港第3ターミナル駅 210円(IC運賃:207円)→無料連絡バスで第1、第2ターミナルへ

※運賃が得になるエリアは後述しますが、品川駅からだと第3ターミナル駅と第1・第2ターミナル駅のどちらで降車しても同額(300円)となり、全く節約になりません。

実際に最安ルートで行ってみた

後日、JR蒲田駅から京急蒲田駅まで歩いて京急空港線に乗り、第3ターミナル駅で降りてみました。

第3ターミナル駅駅名票

今は国際線の発着が減っているので降りる人も数人。

羽田空港T3へのエスカレータ

駅を降りると、2階の到着ロビーか3階の出発ロビーにしか行けません。無料連絡バスの乗り場は1階だけど、とりあえず2階の到着ロビーへ。

羽田空港ターミナル間連絡バスの案内板

ターミナル間無料連絡バスの案内表示にしたがって1階のバス乗り場まで行きます。

羽田空港ターミナル連絡バス

1階から外に出ると0番乗り場が見えるので、ここから無料連絡バスに乗ります。

ちょうどバスが待っていました。

空港連絡バスの時刻表2022年12月

8時~19時の間は10分に1本あるので、それほど待つこともないかと。

※2022年12月追記、画像差し替え。すごい本数が増えてて朝5時~20時まで6分ごとに来ます。その後も10分おきに。ほぼ待たない。

第3ターミナル(T3) → 第1ターミナル(T1) → 第2ターミナル(T2)と順番に停車します。

乗車時間航空会社
T3→T17分JAL、スカイマーク、スターフライヤー
T3→T210分ANA、エアドゥ、ソラシドエア

第2ターミナルまで乗りましたが、時間的にはスムーズに着きました。

第3ターミナル駅で降車すると得する発車駅は

京急蒲田駅から乗車した場合、第1・第2ターミナル駅ではなく第3ターミナル駅で降りると少し節約できますが、京急蒲田駅以外でもそういう駅はあるのかと思って調べてみました。

○品川方面から

出発駅第3T駅第1・第2T駅
泉岳寺300円340円
品川300円300円
梅屋敷210円250円
京急蒲田210円250円
糀谷210円210円
大鳥居190円210円
穴守稲荷190円210円
天空橋140円160円
※2022年12月泉岳寺駅を追加

○横浜方面から

出発駅第3T駅第1・第2T駅
戸部340円370円
横浜340円370円
神奈川340円340円
京急東神奈川340円340円
京急新子安300円340円
生麦300円340円
花月総持寺300円300円
京急川崎250円300円
六郷土手250円250円
雑色210円250円

太字の駅が第3ターミナル駅で降車した方が安くなります。主要駅の横浜、京急川崎、京急蒲田からだと得なんですね。

最安ルートのまとめ

JR蒲田駅から羽田空港国内線(第1、第2ターミナル)まで

きっぷIC運賃
JR蒲田駅からシャトルバス利用280円280円
京急まで歩き、羽田空港第1・第2ターミナル駅で下車250円249円
京急まで歩き、羽田空港第3ターミナル駅下車→無料連絡バスで移動210円207円
移動時間
JR蒲田駅からシャトルバス利用約30分
京急まで歩き、羽田空港第1・第2ターミナル駅で下車約25分
京急まで歩き、羽田空港第3ターミナル駅下車→無料連絡バスで移動約40分

京急バス時刻表

シャトルバスはICでも280円と変わらず。京急蒲田駅から第3ターミナルまではICだと207円となるので、ちょっとお得感があります。

結局、蒲田周辺で羽田空港の前後泊をするなら、なるべく京急蒲田駅に近いホテルを選んで京急線を利用した方が便利そう。本数も多いし、時間的にも早い。そして時間的体力的に余裕があれば、ひとつ手前の第3ターミナル駅で降りて無料連絡バスで移動すると安いということが分かりました。

JR蒲田駅からシャトルバスに乗る利点としては、JR蒲田駅では東口の目の前にバス停(0番乗場)があり、羽田空港では2階の出発ロビーに到着するので、大きな荷物を持っているときには移動が最小限で済みます。渋滞に巻き込まれるリスクと、通常でも30分ほどの乗車時間がかかること、1時間に2~3本の本数であることは考慮が必要。

京急蒲田以外にも、横浜や京急川崎から羽田空港に行くのであれば、第3ターミナル駅で降車した方が少し運賃が得になることもわかりました。

では楽しい旅を。

タイトルとURLをコピーしました