【10・11月限定】北海道むかわ町でししゃも寿司を食べてきた

ちょっとした衝撃だった。ツイッター見てたら流れてきたんだけど、ししゃもを生で食べられる場所があるらしい。しかもいつもスーパーで売ってるししゃもとは違う「本物のししゃも」と謳っている。どうにも気になるので北海道むかわ町に行って生のししゃもを使った「ししゃも寿司」を食べてきました。

スポンサーリンク

まずは10・11月に北海道むかわ町をめざせ!!

ししゃもは北海道の太平洋沿岸、浅瀬の海で育ち、毎年10・11月に産卵のために川を遡上。ししゃも漁が解禁するのは10月初旬から11月中旬までなので、ししゃも寿司が食べられるのはその時期だけということのよう。

場所は北海道のむかわ町。この町を流れる鵡川にししゃもが遡上してくるんだって。

もしかして北海道だし、ありがちなレンタカーがないと無理な場所か?と心配したけど、ペーパードライバー&鉄道使いたい民にとってはありがたいことにJRが走っているエリア。町の名前は「むかわ町」とひらがなだけど、駅名は鵡川(むかわ)駅と漢字表記です。

私はこんな感じで、新千歳空港からJR北海道の在来線に乗ってししゃもの地に辿り着きました。

新千歳空港 10:15 南千歳 10:18 千歳線
南千歳 10:35 苫小牧 10:56 千歳線
苫小牧 12:23 鵡川 12:53 日高本線

南千歳と苫小牧で乗り換えをして到着。苫小牧まではスムーズだけど、その先の日高本線は1日8本しかないからな。私は日高本線の発車まで苫小牧駅構内にある喫茶店で駅弁を食べながら列車を待ちました。

北海道ししゃも専門店 カネダイ大野商店へ

鵡川駅到着。

でもこの日は雨。まあ雨はそれほどでもなかったんだけど、風が強くて傘が何度も裏返ってしまうほど。後で聞いたところによると海沿いだから強い海風が吹くことが多いそう。

さっそくししゃもを食べたい。むかわ町の良いところは、ししゃも関連のお店や道の駅などが駅から徒歩圏内に集中していること。雨ということもあり、その中でも駅から徒歩5分と近く、今日泊まる予定のホテル四季の館にも近いししゃも専門店「カネダイ大野商店」さんに伺うことにしました。

カネダイ大野商店さんは、大正12年創業のむかわ町で1番歴史のあるししゃも加工販売店。輸入は一切せず、北海道産の本物のししゃもだけを扱うお店だそう。むかわ町には寿司屋も何件かあるのだけど、それは夜にお酒を飲みながらでも。(※カネダイ大野商店さんは酒類の販売はありません

店頭には名物のししゃものすだれ干しがずらりと。これも旬の時期だけ。ここから好きなものを選んでお土産にしたり、店内のホットプレートで焼いて食べることができます。

カネダイ大野商店での注文の仕方

さて、まずは何を食べるべきか。

・ししゃもすだれ干し

これは店先に並んでるやつね。これは生のししゃもを一夜干しにしたもの。すだれ干しのところに店員さんがいるので、好きなすだれ干し(オス、メス、大きさ別にいろいろある)を選び、店内で食べることを伝えるとカゴに入れてくれます。会計はそれを持って店内のレジで。値段は性別や大きさによって違って、1串10尾で1000円(オス中サイズ)~ 1300円(オス、メスともLサイズ)という感じ。

私は「オス、メス混」(各5尾ずつ、1050円)を選びました。オスとメスで全然味わいが違うので、このチョイスは食べ比べができて大正解だった。

・ししゃも寿司 

これを食べるために来たんだからね。すだれ干し以外のメニューについては入口に設置の券売機で購入します。

ししゃも寿司は6貫で1200円。私はこのししゃも寿司6貫にししゃも汁とししゃも漬けが付いた「寿司セット1600円」を選びました。

ちなみにメニューは他にもあって、ししゃもフライを玉子でとじたししゃも丼、ほっきカレー、ししゃもフライを挟んだししゃもパンなどなど。寿司もししゃもの他にほっき寿司というのもあって意外と手広い。

上記の値段は訪問当時(2019年秋)のものなので参考程度に。詳しいメニューはこちらのカネダイ大野商店さんのホームページを。

ししゃもを食べる

食券を購入し、レジですだれ干しのお金を払うと、店員さんが席に案内してくれました。各テーブルにはホットプレートが用意されていて、そしてお店の方が焼いてくれる。なんと至れり尽くせり。

これは焼く前

  ←メス            オス→

焼けました!

ししゃもって卵を持ったメスだけが美味しいのかなと思ってたけど、オスの美味しさにびっくり。身に脂がのっていて、旨みが凝縮している。味が濃いと言うか。今回食べてみて断然オスが好みだったな。メスも卵たっぷりでまた違った美味しさ。メスの身の脂や旨みは全部卵の栄養になって卵に持って行かれているような感じか。まあどっちにせよ普段私が食べていたスーパーのししゃもとは全く別物だということが分かった。

いよいよお寿司です。

うわー、甘い。白身の魚なんだけど脂の乗りが良くて、その脂が甘い。私の浅い経験の中だけの話しだけど、今まで食べたどんな魚とも違うように思う。ちょっと感動してしまった。

あと、きびなごなんかもそうだけど、こういう小さい魚を捌くなんてどんだけ器用なんだ。皮もきれいに剥いてあるし。手間がかかりそうという点でもししゃも寿司はすごいな。

セットのししゃも汁とししゃも漬け

限られて時期にこのむかわに来ないと食べられないという付加価値が必要以上に美味しいと感じさせるのかもしれないけど、私ははるばるここを訪れる価値は十二分にあると思う。美味しかった!

満足したので、家族にもお土産を。すだれ干しのオス、メス1串ずつとししゃもフライを選んで発送(冷凍便)してもらいました。すだれ干しは店内飲食と同じく店頭から選び、そのまま隣接の加工場で急速冷凍して箱詰めしてくれます。

カネダイ大野商店の情報

営業時間 10:00~17:00
定休日 1月から9月末までは日曜休
駐車場 40台(無料)

※ししゃも漁は10月初めから11月半ばだけど、その年によって異なる。2015年は不漁が続いて11月7日で漁が終了。状況によってはししゃも寿司が食べられない可能性があるのでちゃんと調べてから行こう。

道の駅むかわ四季の館のししゃも醤油サンデー

カネダイ大野商店さんでししゃもを堪能した後は、この日泊まる「ホテル四季の風」へ。楽天トラベルで見る限り、この町では宿泊施設はここしか見つからなかった。結果、温泉もあって良い宿だったけどね。(よく探せば民宿とかあるかもしれないけど)

何度も言うけど今日は雨。旅行に出て雨だったら極力出歩かないと決めているので、早々にホテルへ向かう。大野商店さんからは徒歩5分くらい。

あーでもまだ15時前でチェックインできず。このホテルは「道の駅むかわ四季の館」に併設されているので、道の駅の喫茶コーナー「コーヒーショップ四季」で甘いものでも食べて待つことに。

やはりししゃもの町。こう来るか、そうかそうか。

ソフトクリームに焼きししゃもをぶっ刺してある。そして醤油をひと垂らし。でも甘いソフトクリームにほどよい塩気、なかなか合うんだよね。

ホテル四季の風の朝食にもししゃも

チェックイン後は温泉にゆっくり浸かり、道の駅の売店で買ったビールやおつまみをだらだらと飲み食いして、テレビを見ていたらいつの間にか寝てしまった。朝が弱くて早朝のフライトの場合は「寝ないで空港に行く。寝たら終わり」という選択肢しかないので、約34時間ぶりの睡眠。そこから12時間ぐっすりと眠りました。(旅行に来て夕飯すら食べに出ないとか、逆に贅沢…)

そんなこんなで翌朝はめざめすっきり。お楽しみの朝食。

洋食とししゃもの付いた和食と選べるんだけど、ここは和食を選択。

これは冷凍ものらしいけど(そのかわり1年中提供あり)、このお盆の中での存在感たるや。本物のししゃもここに降臨という感じ。

そして、スーパーのししゃもは本物ではないのか問題

最後にこのデリケートな問題に向き合ってみたい。むかわ町でししゃものことを「本ししゃも」「本物のししゃも」て書いてあるのを見たけど、ということはスーパーでいつも買うししゃもは偽物なのか。

どうやら「ししゃも」は北海道の太平洋岸に生息する日本固有種の魚のことで、スーパーで安価で売られているのは輸入ものの「カペリン」や「カラフトししゃも」と呼ばれる違う種類の魚らしい。確かに今回、北海道で採れる本物のししゃもは深い味わいと脂の乗りで本当に美味しかった。

けれど、カペリンに罪はない。私もししゃもの名を騙って派手に商売している悪徳魚のように一瞬思ってしまったけど、それはお詫びする。今度からは「今日の夕飯はカペリンだ!!!」と本当の名前で堂々と呼んであげようと思う。誰か(ししゃも)の代わりにならなくてもいいんだ、カペリン。

(旅行時期:2019年11月)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする